陸マイラー的FXの取り組み方!リスク・損失なく確実にポイント獲得!

陸マイラーゼミ

 陸マイラーにとってFX案件は必須だ!と言っているブロガーさん多いですよね。

 自分もそんなFX案件は必須あると思っているうちの一人です。FX案件をやらないのは本当に勿体ないと思います。

 でも、自分も陸マイラーを始めたころは、

FXって難しそうでよくわからないし、

獲得ポイント以上に損失を出しそうで嫌だな

 と思い、手を出す気ありませんでした。しかし、しっかりと陸マイラーなりのやり方を実践すればほとんど損失を出すことなくFX案件でポイントを獲得することができるとわかり、それ以降何件もFX案件をこなしています。

 今回は皆さんに

FXの簡単な仕組み
損しないでポイントを獲得する方法

を紹介します。

 

ラク陸マイラー
ラク陸マイラ

FXで稼ごうとせず、「最小限の損失に抑えること」だけを意識して取引すればほとんど損失は出ません!

陸マイラーは理解しておきたい:FXとは

 FX(Foreign Exchange)とは、外国為替証拠金取引のことです。

 テレビのニュースなんかで外国為替レートってよく聞きますよね。「1ドルあたり~円~銭で取引されています」と言われる値が毎日変わるように、通貨の価値は常に変化していて、1米ドル=100円だったり、105円だったりします。この価格変動に着目して、ドルを売って円を買ったり、またその逆をしたりして取引を行うのがFXです。

 例えば、1米ドル=100円でドルを買って、1米ドル=105円になった時にドルを売れば5円の利益が出ます。

陸マイラーは理解しておきたい:FXの仕組みと重要用語

 FXの仕組みや、FXでよく使われる用語について具体例を添えながら解説していきます。

ポジション・新規取引・決済取引

 例えば、1米ドル=100円の時に、1000ドル(=1千通貨)購入したとします。この購入のことを「新規取引」と言い、また1千通貨を「ポジションしている、ポジションが発生した」状態となります。後に1米ドル=101円になった時に、1千通貨売却すると、これを「決済取引」と言います。このように、新規取引と、決済取引はセットになっています。購入と売却が逆の順番の時もあります。

 今回の例ですと、新規取引(購入)の額が100000円で、決済取引(売却)の額が101000円なので、1000円の利益が出たことになります。

lot・○○通貨

 FX案件で必ず登場するlotは「通貨の取引数量の単位」です。

 ややこしいことにlotの大きさはFX会社によって異なるのですが、1lot=1万通貨、もしくは1lot=1000通貨であることがほとんどです。1lot=1000通貨の場合、1lotの取引と言われたらそれは1000ドル(約10万円)の取引のことを指します。

レバレッジ

 これがFX最大の特徴と言われているものです。

 例えば、FXの口座に1万円入金し、それを基に取引しようとします。通常の取引であれば1万円分の外国為替しか購入or売却ができません。しかし、FXでは口座に入れた1万円の最大25倍の外国為替を購入or売却することが可能です。この倍率のことをレバレッジと言います。少ない証拠金(出資)で大きな額を取引することができるので、巷でもFXが流行っているわけです。

スプレッド

 端的に言うと「売買の差額」です

スプレッド

 FXでは、同じ1米ドルであっても売値と買値が異なります。上はDMM-FXのHPから引用した例です。

 ここでは、ユーロ/円の売値が124.171円、買値が124.176円となっており、売値と買値が異なっています。この差額がスプレッドでDMM-FXの場合ユーロ/円は0.5銭、米ドル/円は0.2銭となっています。最近は取引手数料無料のFX会社が多くなっているので、この差額が手数料の代わりの役割を果たしているわけです。

 米ドル/円の場合、「たったの0.002円」と思うかもしれませんが、レバレッジ効果もありFXで扱う金額は1万通貨などが多いです。1万通貨で取引を行う場合、実際の差額は20円ということになります。

ロストカット

 

逆にレバレッジがあるから損失も大きくなる可能性があって借金を抱えてしまうのでは…

 という疑問が出てくると思います。そこで登場するのがロストカット制度です。

 これはあまりにも損失が増えてしまいそうなときに、それ以上損失が出ないように強制的に決済してくれる消費者保護を目的とした制度です。これにより、証拠金を失ってしまうことはあっても、証拠金以上の損失を被ることは避けることができます。また、どこでロストカットをするかは各自で設定することができるので、最大損失を管理することができます。

 

ラク陸マイラー
ラク陸マイラー

陸マイラー的FXのやり方をしっかりと実践すればロストカットにもならないから大丈夫です!最後まで安心して記事を読んでくださいね。

 

陸マイラー的FXのやり方ー損失を最小限に抑える

 ざっくりとFXの仕組みと重要な用語について解説しました。ここからは実際にどのようにFX取引を行えば、損失を出すことなく、ポイントサイトのポイントを獲得できるのかを解説していきます。

 まず、重要な前提となる考え方として利益を決して求めず「損失を最小限に抑えるということを押さえておいてください。記事タイトルに「損しない方法」と書いてしまいましたが、多少の損失はあります。しかし、陸マイラーにとっては、ポイントサイトのポイント獲得が目的なので、獲得ポイントがFXでの損失を上回ればよいのです。FXで利益を出そうとすること自体は勿論悪くありません。それで儲けている人もたくさんいる立派なビジネスです。しかし、初心者が大した知識も持たずに儲けようとすると痛い目見る可能性が高いと思います。

獲得ポイント ー FXでの損失 = 獲得利益

 

FXで損をする原因は2つあります。

1・為替値動きによるもの
2・スプレッド(売値・買値の差)によるもの

 2はFX会社の手数料のようなものでこれがないとFX会社は利益がなくなってしまうので、スプレッドでの損失は避けることができません。

 今回紹介するのは1の為替値動きによる損失をほぼ0にする方法です。簡単です、新規注文したら値動きが起こる前に決済注文する。これをポイント獲得条件に達するまでひたすら繰り返すだけです。新規注文した直後に決済注文すればほぼ為替の値動きはないため0円とは言い切れませんが、0円に近い損失or利益で押さえることができます。

 近年、トルコリラや南アフリカランドがFX界で話題になったりしまうが、この辺は変動が大きいので、安定するドルやユーロで取引をするようにしましょう。不安な方はFXはニューヨーク市場やロンドン市場が開いている時間は値動きが大きくなる可能性があるため、為替が安定している午前中に取引するのが良いでしょう。

 

 では、2のスプレッドによる損失がどれくらいになるのか、具体例を用いて見ていきましょう。

 ポイントサイトの条件達成に必要な損失目安額は

スプレッド×取引単位数
 です。
 
 DMM
 米ドル/円で取引した場合、スプレッドが0.2銭で条件達成のために必要な取引量が1lot(=1万通貨)なので、
 損失目安額は0.2銭×1万通貨=20円です
 条件達成でもらえるポイントが4000円であることが多いので、3980円分の利益があります。
 
 他にも、スプレッドが0.3銭で100万通貨の取引が条件の案件ですと、損失目安額は0.3銭×100万通貨=3000円となります。100万通貨が条件の案件ですと10000円以上のポイントは獲得できるため、お得です。
 

陸マイラー的FXの取り組み方ーまとめ

  以上、解説したような取引方法でしっかりとFX案件をこなしていけばFX案件で最小限の損失で大量ポイントを稼ぐことができます。初めから条件の厳しい高還元案件には手を出さずに、条件の緩い案件から取り組むようにしましょう!
 
タイトルとURLをコピーしました