ワンワールド世界一周航空券ールールや料金を詳しく解説

世界一周ゼミ

 皆さん、世界一周は何でしますか?
 世界一周航空券を買う、マイルで特典世界一周航空券を発行する、LCCで周る、クルーズで周る、または陸路で行くぜって人もいると思います。

今回はその中でもJALが所属するワンワールドが発行する世界一周航空券である「ワンワールドエクスプローラー」についてルールや料金を詳しく説明していこうと思います。

ワンワールド世界一周:ワンワールドとは

 航空会社は、世界各地の航空会社提携グループを形成しており、それを(エアライン)アライアンスと言います。同じアライアンス内で、コードシェア(共同運航)便の運航やマイレージの乗り入れを行っています。利用客は同じアライアンスに属する航空会社の航空ラウンジを使用することもできます。

JAL

 世界には大きなアライアンスが3つ存在しており、その一つがワンワールドでJAL含む16社が加盟しています。他の二つはスターアライアンス(28社)スカイチーム(20社)で、ANAはスターアライアンスに加盟しています。また、LCCはアライアンスには加盟していません。

ワンワールド加盟航空会社一覧

日本航空(JL)、アメリカン航空(AA)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、キャセイパシフィック航空(CX)/ キャセイドラゴン航空(KA)、フィンエアー(AY)、イベリア航空(IB)、 LATAM航空(LA)(JJ)/ランペルー航空(LP)/ランエクアドル航空(XL)/ランアルゼンチン航空(4M)、マレーシア航空(MH)、カンタス航空(QF)、カタール航空(QR)、ロイヤルヨルダン航空(RJ)、S7航空(S7)、スリランカ航空(UL)

(LATAM航空はワンワールド脱退を表明しています。また、ロイヤル・エア・モロッコが2020年中にワンワールドに加盟を表明しています)

ワンワールド世界一周:世界一周航空券とは

 世界一周そもそも世界一周の明確な定義はなく、非常に曖昧な言葉です。しかし、一般的には「太平洋と大西洋をそれぞれ1回ずつ渡って出発地に戻ること」が世界一周の意味だとされています。別に世界中を隈なく旅する必要は定義的にはないんですね。
 そして、世界一周航空券とは、出発地から到着地までの航空券の束、セットのことを指します。世界一周の間に7回飛行機に乗るのであれば、この7枚の航空券をまとめて世界一周航空券と呼びます。

 世界一周航空券にはいくつもの種類があります

 1.スターアライアンス世界一周航空券
 2.ワンワールド世界一周航空券
 3.スカイチーム世界一周航空券
 4.スターアライアンスマイル特典世界一周航空券
 5.ワンワールドマイル特典世界一周航空券

他にも
 ピースボートのようなクルーズで世界一周する方法やLCCで回る方法などもあります。

ラク陸マイラー
ラク陸マイラー

当記事では、ワンワールド世界一周航空券について詳しく説明していきます。

 

ワンワールド世界一周:ワンワールド・エクスプローラーのルール・料金

ワンワールドの提供している世界一周航空券は二つあります。それが「ワンワールド・エクスプローラー」と「グローバルエクスプローラー」です。

前者の「ワンワールド・エクスプローラー」は大陸制で料金を決定しているのに対して、「グローバルエクスプローラー」は飛行距離に基づいて料金を定めています。

今回は主に多くの人が利用する「ワンワールド・エクスプローラー」について説明します。

料金は大陸とクラスによって決まる

 ワンワールド・エクスプローラーの料金は、大陸制を採用しており、世界をアジア・欧州・アフリカ、南米・オセアニアの6大陸に分けています(北アフリカ・中東は欧州大陸、ハワイや中米やカリブ海は北米大陸として区分されています)。

 以下の表が料金表です。

ワンワールドエクスプロ―ラー

 ※アジア、アメリカ、ヨーロッパは必ず通過しないといけない規制があるため、以上の3大陸に加えてアフリカ、南米、オセアニアに行きたい方は追加で料金が発生するというイメージを持っていただけたらと思います。

 

フライト区間は最大16区間

 途中降機は7回までですが、フライト自体は最大16回可能です。

 例えば、インチョン(韓国)を経由(滞在24時間以内)して、ロンドンに移動した場合、フライトは2区間、途中降機は1回となります。

 ※ただし、北米大陸は6回、他大陸は4回までの制限があります。

2回以上の途中降機

 途中降機はストップオーバーとも呼ばれ、同一都市に24時間以上滞在することを意味し、ワンワールド世界一周航空券であれば2回以上の途中降機が可能です。

大陸間移動は逆行できない

 大陸移動は東周り、または西周りのどちらかに統一しなくてはならず、基本的に一度出た大陸に戻ることはできない(※ただし、北米と南米、欧州とアフリカ、アジアと豪州間の移動は認められています)。

 また、同一大陸内での移動は可能です。

最大16回のフライトが可能

 途中降機は15回までですが、フライト自体は最大16回可能です。
 例えば、インチョン(韓国)を経由(滞在24時間以内)して、ロンドンに移動した場合、フライトは2区間、途中降機は1回となります。

地上移動が可能

 地上移動が可能になっています。地上移動とは言われていますが、その区間はバス移動でも、鉄道移動でも、LCCでもなんでも大丈夫です。

 ※有償航空券の場合は、地上移動もフライト区間にカウントされてしまうので、注意が必要です(マイル特典航空券の場合はカウントされません)。

変更・キャンセルについて

 世界一周に向けて出発する前に、全ての航空券を購入する必要があります。予めルートと日程が決まっているのはLCCと比べるとデメリットの一つかもしれません。しかし、旅程の日程については無料で変更することが出来ます。しかし、飛行ルートや目的地の変更には125米ドルの手数料が必要です。出発前にルートをじっくりと考えておきましょう。

 世界一周航空券は、最初の搭乗日から、最後の搭乗日まで、最長1年間有効です。また、最低旅程日数の制限が撤廃されたため、2泊3日など時間のない方でも世界一周をすることが可能になりました。

 

グローバルエクスプローラー

 以上紹介した「ワンワールドエクスプローラー」は大陸制を採用していましたが、ワンワールドはもう一つ「グローバルエクスプローラー」と呼ばれる世界一周航空券を発行しています。

ラク陸マイラー
ラク陸マイラー

グローバルエクスプローラーの特徴について軽く説明します。

 「グローバルエクスプローラー」は、「ワンワールドエクスプローラー」とは異なり、旅程の距離(マイル)によって料金が変わり、よりフレキシブルな旅程を組めるよう使用できる航空会社が多くなっています。

 グローバルエクスプローラー

 フライト区間は16区間で変わらず、各大陸4回までの途中降機が可能ですが、一度出た大陸に戻ることは同様に原則できません(例外あり)。

 ワンワールドエクスプローラーでは使用することが出来ない以下の航空会社を利用することが出来ます。

エアベルリン(AB)/エアリンガス(EI)/フィジー航空(FJ)/ガルフエアー(GF)/アラスカ航空(AS)/メリディアナ航空(IG)/ウェストジェット(WS)/バンコク航空(PG)/ジェットスター(JQ)/ジェットスターアジア(3K)/ジェットスターパシフィック(BL)/ジェットスタージャパン(GK)

ワンワールド世界一周:まとめ

 以上ワンワールドの世界一周航空券のルールや料金を説明しました。わかりやすさを重視するため細かな情報は省略しているので、気になる人は、HPから細かなルールを確認していただければと思います。

 世界一周航空券はどのクラスであっても非常にお得な値段で航空券が購入できることがわかってもらえたと思います。世界一周は皆さんが思っているほど難しいことではなくなっています。

ラク陸マイラー
ラク陸マイラー

世界一周航空券もお得なのですが、自分はマイルで世界一周航空券を購入することをおすすめしています。以下の記事にまとめてありますので、是非ご覧ください。マイルって結構簡単に貯められるんですよ~

 

旅

タイトルとURLをコピーしました