スターアライアンス世界一周航空券をANAマイルで!ルールを徹底解説

世界一周ゼミ

 陸マイラーをはじめとしてANAマイルを貯めている方多いと思います。今回はANAマイルを使って発券することができる「スターアライアンスマイル特典世界一周航空券」について詳しく解説していきます。

 陸マイラー初心者さんや、初めて世界一周航空券を知る人にもわかるように説明しますので、是非読んでくださいね。マイルを使えば世界一周も簡単にできてしまうのが分かってもらえると思います。

スターアライアンスマイル世界一周:スターアライアンスとは

飛行機

 航空会社は、世界各地の航空会社提携グループを形成しており、それを(エアライン)アライアンスと言います。同じアライアンス内で、コードシェア(共同運航)便の運航やマイレージの乗り入れを行っています。利用客は同じアライアンスに属する航空会社の航空ラウンジを使用することもできます。

 世界には大きなアライアンスが3つ存在しており、その一つがスターアライアンスでANA含む28社が加盟しています。他の二つはワンワールド(16社)スカイチーム(20社)で、JALはワンワールドに加盟しています。また、LCCはアライアンスには加盟していません。

 

<スターアライアンス加盟航空会社一覧>

ANA・中国国際航空(エアチャイナ)・エアインディア・アシアナ航空・エバー航空・深セン航空・シンガポール航空・タイ国際航空・ユナイテッド航空・エアカナダ・アビアンカ航空・コパ航空・アドリア航空・エーゲ航空・オーストリア航空・クロアチア航空・スイス航空・スカンジナビア航空・TAPポルトガル航空・トルコ航空・ブリュッセル航空・ルフトハンザドイツ航空・LOTポーランド航空・ニュージーランド航空・エジプト航空・エチオピア航空・南アフリカ航空

スターアライアンスマイル世界一周:世界一周航空券とは

 世界一周そもそも世界一周の明確な定義はなく、非常に曖昧な言葉です。しかし、一般的には「太平洋と大西洋をそれぞれ1回ずつ渡って出発地に戻ること」が世界一周の意味だとされています。別に世界中を隈なく旅する必要は定義的にはないんですね。

 そして、世界一周航空券とは、出発地から到着地までの航空券の束、セットのことを指します。世界一周の間に7回飛行機に乗るのであれば、この7枚の航空券をまとめて世界一周航空券と呼びます。

 世界一周航空券にはいくつもの種類があります

  1. スターアライアンス世界一周航空券
  2. ワンワールド世界一周航空券
  3. スカイチーム世界一周航空券
  4. スターアライアンスマイル特典世界一周航空券
  5. ワンワールドマイル特典世界一周航空券

他にも

 ピースボートのようなクルーズで世界一周する方法やLCCで回る方法などもあります。

ラク陸マイラー
ラク陸マイラー

当記事では、「スターアライアンスマイル特典世界一周航空券」のルールを解説していきます!

スターアライアンスマイル特典世界一周航空券のルール

 世界一周の旅程のみ、全旅程の距離(区間基本マイレージの合計。地上交通区間は移動マイルとして計算に含めません。)に応じて必要マイル数を算出します。太平洋、大西洋を1回ずつ飛行機を利用して横断する必要があります。ルートは東回り、あるいは西回りのどちらかで逆回りはできません。出発地と最終帰着地の間で最大8回の途中降機が可能です。(ただし欧州での途中降機は3回まで、日本国内での途中降機は4回までです。)また、出発国に戻る最後の国際線搭乗は、最初の国際線搭乗から10日目以降になります。旅程は最大12フライト区間に加え、最大4区間の「地上移動・同じ都市での異なる空港間移動」が可能です。
※ANAウェブサイトではご予約になれません。ANAマイレージクラブ・サービスセンターにご連絡ください。

ANA HP(https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/tk/zone.html)より引用

 

ラク陸マイラー
ラク陸マイラー

一つずつ丁寧に解説していきます!

全旅程の距離に応じて必要マイル数を算出

スターアライアンスマイル 上の写真が世界一周に必要なマイル数を表にしたものです。左に書いてある全旅程の距離(マイル)に応じて必要なマイル数が決まってきます。

 世界一周 航空券

 例えば、東京→ニューヨーク→パリ→チューリッヒ(スイス)→ローマ→カイロ(エジプト)→イスタンブール(トルコ)→バンコク→台北→東京で世界一周をするとします。この時の飛行距離がは20726マイルなので、必要マイル数は85000マイルです。ビジネスであっても125,000マイルで出来てしまいます。

 85000マイルなんて持っていないし、持てる見込みもないと思うかもしれませんが、陸マイラーを一年やれば貯めることは十分に可能です。

 

 地上移動した分は旅程の距離に含まれないのは嬉しいですね。バスや鉄道、LCCとうまく組み合わせることができれば必要マイル数を削減でき、さらにお得になります。

太平洋、大西洋を1回ずつ飛行機を利用して横断

 一般的な世界一周の定義にもあるやつですね。太平洋、大西洋は基本的に飛行機で横断することになると思うので、気にしなくていいでしょう。

東回り、西回りどちらでもOK

 世界一周には、日本から出発してアジア→中東・アフリカ・ヨーロッパ→南北アメリカの順に回る西周りと。その逆の順序の東周りがあります。西回りは時差の影響が少なく、バックパッカーの場合、バンコクで予防接種を受ける人が多いため、西回りで周る人の方が多いようです。

 自分が旅する時期と旅先でのシーズンを考慮してどっち周りか決めればいいと思います。

最大8回の途中降機が可能

 途中降機はストップオーバーとも呼ばれ、同一都市に24時間以上滞在することを意味し、スターアライアンスのマイル特典世界一周航空券であれば8回の途中降機が可能です。(ただし欧州での途中降機は3回まで、日本国内での途中降機は4回までです。)

 24時間以内の滞在であれば、空港の外に出て観光をしても途中降機の扱いにはならないので、サックっと見れてしまう都市については24時間以内の滞在になるようにするとより多くの都市を観光することができます。

旅程日数が10日以上

 10日以上の旅程日数が必要となります。途中降機が8回もできるので、休みを取るのは大変かもしれませんが、じっくりと世界中の都市、自然、文化を堪能しましょう。

旅程は最大12フライトが可能

 途中降機は8回までですが、フライト自体は最大12回可能です。

 例えば、インチョン(韓国)を経由(滞在24時間以内)して、ロンドンに移動した場合、フライトは2区間、途中降機は1回となります。

 地上移動した分はフライト区間に含まれないのは嬉しいですね。バスや鉄道、LCCとうまく組み合わせることができればフライト回数制限を削減でき、さらにお得になります。

最大4回の地上移動が可能

 最大4回の地上移動が可能になっています。地上移動とは言われていますが、その区間はバス移動でも、鉄道移動でも、LCCでもなんでも大丈夫です。

 LCCが発達している欧州などで積極的に地上移動を行うと、必要マイル数の削減やフライト回数の削減につながり、よりお得に旅することができます。

スターアライアンスマイル世界一周ーまとめ 

 以上、スターアライアンスマイル特典世界一周航空券について扱いました。ANAマイルを使えば、世界一周も非常にお得にできていしまいます。ルールを確認し、自分の希望旅程と照らし合わせて他の方法とどちらがよりお得なのか考えてみてください。

 もちろん、この特典航空券を発券するのにはマイルが必要なのですが、マイルを大量に稼ぐ裏技「陸マイラー」については以下の記事にまとめたので、是非見てみてください。自分が半年間で12万マイル貯めた方法です。初心者の方、学生でも半年で5万マイルを貯めることは可能です。

世界一周

タイトルとURLをコピーしました